特色・構法

特色・構法 特色・構法

国土交通省は、今後住宅の資産価値を高め、狭小地の対応・間仕切りの可変性等、世代を超え利用可能な「100年耐久構造」として注目の、SI(スケルトン・インフィル)住宅を強力に推進しています。 従来から、木質ラーメン構法に対する評価は高いものがありましたが、建築コストが非常に高くなり、一般ユーザー様への提供ということでは二の足を踏まれていました。
エス・アイ・ウッドでは、これからの優れた住環境を提供するといった観点から木質ラーメン構法の本格派「SG-Frame構法」を、高品質でありながら在来工法並みの建築コストに抑えることで、 広く住宅業界への普及推進を図ってまいります。

入居者に選んでいただく以上、「安心・安全の住空間」を提供する事は、
オーナー義務の1つであると考えます。
エス・アイ・ウッドは全ての物件で構造計算を行い、安心・安全を数値で実証いたします。

建築基準法において木造住宅は、3階建てなどの 一部に構造計算を行なうことが義務付けされていますが、2階建てなどでは「壁量計算」という簡略化した代替措置において、構造計算が免除されています。
しかし、一棟ごとに土地条件・建物条件は違いますので、本来は、条件に合った構造計算を行うことが大切です。エス・アイ・ウッドでは、”全棟において構造計算”を行ない、安心・安全を数値で実証し、優れた耐震強度を確保した建物をご提供しています。

≪構造計算書見本≫

構造計算書見本

また、一棟一棟の条件に合せた構造計算を行なっていますので、オーナー様のご希望に合わせたオーダーメードの構造計画を行うことができます。
住宅性能表示制度における、「構造の安定」の耐震性・耐風性・耐積雪性のすべてにおいて最高等級に対応する事が可能となっております。

木質ラーメン構法の本格派SG-Frame構法

  1. 構造強度は他社の2倍、しかもコストは在来工法並みを実現しております。
  2. 「SG-Frame」は開口部を広く確保出来る為、設計の自由度が高いのが特徴です。

良い事が判っている門型フレーム工法を在来工法並みの建築コストで実現

  1. 「SG-Frame」の基本構造は、木造門型フレーム工法で、SI(スケルトン・インフィル)住宅を実現する事が出来ます。
  2. 主要となる耐力構造を柱と梁で構成する事により、構造上多くの筋交い壁を必要とせず、大空間設計を含めた自由度の高いプランニングが可能となります。
  3. SI(スケルトン・インフィル)住宅を可能とする「SG-Frame構法」は、インフィル部(内部・設備)のみのリフォームを行う事が容易に出来るので、家族構成の変化など住まい手のニーズに応じた間取り変更が可能です。
SG-Frame構法

当社が採用しているSG-Frameとは

強く・単純・標準・安全に・支える & 門方フレーム

「木造門型フレーム工法」は、「木質ラーメン構法」とも呼ばれ、柱と梁で荷重を支える構造です。このことにより、構造強度が高く、大開口を取ることが可能となります。
また、狭小間口木造3階建・ビルトインガレージの設置・SI(スケルトン・インフィル)構造による空間設計の自由度が高まり、オーナー様のニーズに幅広く対応する事が可能となります。

■国土交通省がすすめるSI住宅(スケルトン・インフィル住)とは?

  1. スケルトン(柱・梁・床等の構造躯体部分)とインフィル(住戸内の内装設備等)を分離した住宅。
  2. 長期間の耐久性、構造耐力を重視し、住戸内は住まい手の多様なニーズに応える更新性と、自由に変えられる可変性を重視して造られるもの。即ち、家族構成に応じて間仕切り等プランニングが自由に変化出来るものです。
  3. 住宅の資産価値を高め、世代を超えて利用可能な「100年住宅」の普及開発をめざす今後の住宅の新工法です。

■SG-Frame構法の優位差

SG-Frame構法の優位差